大変ご無沙汰をしております。

長い間更新もせず、年も明け、1月が終わり、気づけば2月も後半です。

黒潮町もまだまだ寒い日が続いています。

久しぶりに画像をupします。


7mの隅木です。



こちらは7.2mの虹梁です。

虹梁(こうりょう)とは梁の一種で、「虹」のようにやや弓形に反っていることから

由来しているそうです。

彫刻や採色などの装飾をされることもあるそうです。

024_convert_20130220114334.jpg

欅の柱 25cm角です。

023_convert_20130220114255.jpg

欅の柱 31cm角です。

022_convert_20130220141259.jpg



すごーく曲がっていますが、これは社寺建築の中で、裏甲(うらごう)と呼ばれる部材で、

軒先に使うものです。

その中でも大きく曲がっているものが「登り裏甲」です。

原寸の型を送ってもらい、それが取れるように製材します。

これを現場で大工さんが型に合わせて切り出して、仕上げるのです。

とても贅沢な木の使い方です。

こんなに曲がったものをとるには、曲がった木も必要なのです。

DSC_7000_convert_20130220114736.jpg



ここからは番外編で・・・

久しぶりに来た野良猫の母さん

004_convert_20130220114903.jpg

005_convert_20130220114923.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。